実務解説 相続・遺言の手引き

本体 ¥ 3,100
¥ 3,410 税込

著者:東京弁護士会 相続・遺言研究部/編
判型:A5判
ページ数:348頁
発刊年月:2013年6月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4088-2
商品コード:40261
略号:相遺

商品情報



類書にはない、「実務に踏み込んだ解説」
実務で押さえておきたい項目を網羅!


●一般的な相続・遺言の解説に留まらず、「実務家目線」での留意点や理解すべき内容を意識した解説。
●実務で押さえておきたい項目を網羅。

目次

第1章 相続人の範囲
 第1節 相続欠格
 第2節 推定相続人廃除
 第3節 相続放棄
 第4節 相続分の譲渡・放棄

第2章 遺産の範囲
 第1節 相続開始時に存する財産
 第2節 相続発生後に生じた財産

第3章 遺産評価
 第1節 遺産評価の意義及び方法
 第2節 各種遺産評価の具体的方法

第4章 特別受益
 第1節 特別受益の意義
 第2節 特別受益の対象財産
 第3節 特別受益の算定
 第4節 特別受益の持戻し免除
 第5節 特別受益の決定手続

第5章 寄与分
 第1節 寄与分の意義
 第2節 寄与分を受ける者の範囲
 第3節 寄与分の成否及び算定
 第4節 寄与分の決定手続
 第5節 寄与分と特別受益、遺留分

第6章 遺産の分割
 第1節 遺産分割の意義
 第2節 遺産分割手続の種類
 第3節 遺産分割の具体的方法
 第4節 実務上の留意点

第7章 遺 言
 第1節 遺言書の作成
 第2節 遺言の解釈
 第3節 遺言の無効・取消し
 第4節 遺言の効力
 第5節「相続させる」遺言の効力
 第6節 遺言の撤回

第8章 遺言の執行
 第1節 遺言執行者の地位
 第2節 遺言執行事務
 第3節 具体的な遺言執行
 第4節 遺言執行者の裁判上の地位・権限(当事者適格)
 第5節 遺言執行者の報酬

第9章 遺言と信託
 第1節 はじめに
 第2節 遺言信託
 第3節 遺言代用信託
 第4節 後継ぎ遺贈型受益者連続信託
 第5節 実務上の留意点

第10章 死因贈与
 第1節 はじめに
 第2節 死因贈与の撤回の可否
 第3節 死因贈与と遺留分減殺の順序

第11章 遺留分
 第1節 遺留分減殺請求権の性質
 第2節 遺留分減殺請求の対象
 第3節 遺留分侵害額の算定
 第4節 遺留分減殺請求の順序・割合
 第5節 遺留分減殺請求権行使の方法
 第6節 遺留分減殺請求権行使後の権利関係
 第7節 価額弁償
 第8節 遺留分減殺請求と権利の濫用・信義則違反
 第9節 遺留分減殺請求と保全手続
 第10節 遺留分減殺請求権の消滅時効
 第11節 遺留分の放棄

第12章 相続と税金
 第1節 はじめに
 第2節 贈与税について̶生前贈与の活用
 第3節 相続税の課税の仕組みと申告手続
 第4節 遺産分割と相続税
 第5節 減殺請求と相続税

PAGE TOP