調停への誘い

紛争管理と現代調停のためのトレーニング書
本体 ¥ 2,000
¥ 2,200 税込

著者:レビン小林久子/著
判型:A4判
ページ数:124頁
発刊年月:2004年7月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-1289-6
商品コード:40276
略号:調停

商品情報

●現代調停を実践するためのスキルと理念を,7段階に分け,場面ごとにポイントをあげて解説。
●調停で必要となるスキルについて,どのような状況において,どのように使うのか,順を追って解説。段階的理解により「なぜそのようなスキルを使うのか」をより深い理解のもとにマスターできます。

目次

紛争、調停、調停人について
第1章 代替的紛争解決方法について
1-1 紛争の解決方法について
1-2 ADRについて
1-3 米国で利用されているADR方法の種類
1-4 ADR方法の区別
1-5 米国式調停理論の構成概と歴史的事実
第2章 紛争観について
2-1 新たな闘いの出現
2-2 異なる紛争アプローチ
2-3・4 経済学的アプローチ
2-5~7 社会心理学的アプローチ
2-8~10 社会哲学的アプローチ
2-11・12 まとめ
第3章 紛争の理解
3-1 紛争の構成要素
3-2 当事者
3-3 当事者の紛争観
3-4 相互依存関係
3-5~7 パワーについて
3-8 紛争の要因
第4章 調停のスキル
4-1 スキルの目的
4-2 スキルの種類
4-3 言い換えの意義
4-4 パラフレイジング
4-5・6 リフレイミング
4-7・8 サマライジング
4-8 サマライジング(2)
第5章 調停の用語
5-1 調停の用語
第6章 調停実施
6-1 調停人の役割
6-2 調停のプロセス
6-3 第1段階 始めの挨拶
6-4 第2段階 状況の把握(傾聴と要約)
6-5 第3段階 方向付け
6-6 第3段階 方向付け(2)
6-7 第4段階 ブレーン・ストーミング
6-8 第5段階 解決原案をまとめる
6-9 第6段階 合意書の作成
6-10 第7段階 終わりの言葉
6-11 コーカス
第7章 和解について
7-1 和解とは
7-2 良い和解とは
7-3 和解の障害物
7-4 正義感の主張
7-5・6 正義について
7-7~9 怒りについて
トレーニングの終わりに
索引

PAGE TOP