改訂 実務解説 遺言執行

本体 ¥ 2,800
¥ 3,080 税込

著者:NPO法人 遺言・相続リーガルネットワーク/編著
判型:A5判
ページ数:332頁
発刊年月:2012年12月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4039-4
商品コード:40386
略号:遺執

商品情報



【日本弁護士連合会会長推薦】

書式と判例を多数収録
必要な知識と実務を網羅した手引書

●遺言執行実務について、法的観点と実務的視点の双方から詳細に検討。
●遺言執行者に関する懲戒事例も収録。

【NPO法人 遺言・相続リーガルネットワーク】
全国で約300名の弁護士の参加・サポートを受け、市民に対して無償で弁護士を紹介するシステムを採用し、遺言・相続問題、死後事務問題などの解決支援をするとともに、遺言、相続、遺言信託、福祉信託、事業承継、渉外相続といった分野に関する研究・普及活動を行うことを目的とし、活動している。

目次

●弁護士業務としての遺言執行者
 ・遺言書作成の助言と遺言執行者の指定
 ・遺言書の作成
 ・遺言執行者の就職と執行行為
●遺言執行者の地位と権限
 ・遺言執行者の地位
 ・遺言執行者の権限
 ・遺言執行者の権利・義務
 ・遺言執行者の復任権
 ・共同遺言執行者との関係
 ・相続財産管理人等との関係
 ・相続人の処分行為等の制限
 ・相続財産の破産と遺言執行
●遺言執行の準備と着手
 ・遺言書の検認と開封
 ・遺言執行者の就職
 ・遺言確認の審判
 ・遺言書の検討
 ・相続人その他利害関係人への通知
 ・相続人の調査
 ・相続財産の調査
 ・相続財産の管理
 ・相続財産目録の作成及び交付
●遺言事項の執行
 ・総論
 ・認知
 ・推定相続人の廃除、廃除の取消し
 ・遺贈
 ・相続させる旨の遺言
 ・一般財団法人の設立
 ・信託の設定
 ・祭祀承継者の指定
 ・生命保険金の受取人の指定、変更
●遺言執行者の地位の喪失
 ・遺言執行者の地位の喪失
 ・執行の完了
 ・遺言執行の不能
 ・遺言執行者の死亡
 ・遺言執行者の辞任
 ・遺言執行者の解任
 ・遺言執行者の欠格事由
●遺言執行者の当事者適格
 ・訴訟における当事者適格
 ・調停・遺産分割協議における当事者適格
●遺言執行費用
 ・費用には何が含まれるか
 ・「相続財産の負担とする」の意味
 ・遺言執行者の報酬
●遺言執行者に関する懲戒事例
 ・懲戒処分の現状
 ・言執行者が一部相続人の代理人となること等
で問題となった事例
●参考資料
 ・判例要旨集
 ・遺言能力に関する裁判例
 ・記入式 相続財産リスト一覧表
 ・チェック式 遺言作成に必要な書類リスト

PAGE TOP