ストーリーでわかる 営業損害算定の実務

新人弁護士、会計数値に挑む
本体 ¥ 2,700
¥ 2,970 税込

著者:横張清威・伊勢田篤史/著
判型:A5判
ページ数:276頁
発刊年月:2016年11月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4346-3
商品番号:40649
略号:営算

残りわずかです。

商品情報



相手方の責に帰すべき事由により、プロジェクトが中止に…
逸失利益を正確に算定し立証するには?


•「実際にどのように会計数値を用いて営業損害の主張・反証を行っていくのか」が、実務に即したストーリーとそれを補足する解説で容易に理解できる。
•弁護士兼公認会計士がノウハウを公開。

目次

第1話 会社全体の営業停止
会計知識が全くない新人弁護士の太郎のもとに、営業損害に関する事件の依頼が。
見慣れない会計資料と格闘するうちに、営業損害に対する解決の糸口を見つけていきます。
scene1 4億円の内容証明
1 内容証明郵便
2 通知書
作成者側の注意点/受領者側の注意点
3 売上原価
scene2 限界利益
1 限界利益
2 限界利益が原則として営業損害となる理由
損益相殺/固定費と変動費
scene3 判例
1 判例に見る営業損害算定
限界利益率に着目した事例/限界利益率によらなかった事例
2 知的財産権の侵害における利益
学説/判例/営業損害との関係
scene4 回答書
1 証拠の偏在
2 回答書
作成者側の注意点/受領者側の注意点
scene5 訴状
1 訴状
作成者側の注意点/受領者側の注意点
2 勘定科目
scene6 答弁書
1 非上場会社の決算書
2 決算書類の種類
scene7 決算書の開示請求
1 答弁書
作成者側の注意点/受領者側の注意点
2 法廷での対応
3 決算整理仕訳
scene8 固変分解
1 固変分解
2 製造業の売上原価
scene9 求釈明
1 求釈明
賠償請求を受けている側の注意点/賠償請求している側の注意点
2 公認会計士の意見書
scene10 裁判官の交代
1 裁判官の訴訟指揮
2 具体的な原資料による固変分解
scene11 尋問
1 尋問当事者の選定
2 尋問での注意点
scene12 判決
1 仕訳日記帳
2 和解対応
scene13 祝勝会
1 法人税の扱い

第2話 1プロジェクトの営業停止
ある程度会計知識に慣れたと思っていた太郎のもとに、またしても営業損害に関する事件の依頼が。
プロジェクト単位の営業損害をどのように算定するのか、太郎の前に新たな問題が立ちはだかります。
scene1 固定費と損害額
1 固定費と営業損害の関係
2 固定費が限界利益を上回る場合
scene2 経費配分
1 売上原価が存在しない場合
2 プロジェクトの営業停止
scene3 訴訟
1 プロジェクト損益における当事者間の対応
賠償請求を行う側の注意点/賠償請求を受ける側の注意点
2 営業損害の時的範囲
3 相手方の弁護士が会計に疎い場合

補講
第1 決算書ができる過程
第2 固変分解の手法
第3 監査人の監査手法
第4 共通費等の配賦について

PAGE TOP