ジェンダーと法 2021年号 コロナ禍/性犯罪改正の課題 vol.18

本体 ¥ 3,000
¥ 3,300 税込

著者:ジェンダー法学会 編
判型:A5判
ページ数:224頁
発刊年月:2021年7月刊
ISBN/ISSN:1349-466X
商品コード:30002
略号:ジェ18

商品情報

コロナ禍/性犯罪改正の課題

●理事長就任にあたって そして最近の少子化対策に対するひとつの疑問 神尾真知子

●シンポジウムⅠ パンデミック対策とジェンダー・バイアス
─新型コロナウイルス感染症への対策が浮かび上がらせたもの─
企画趣旨/三成 美保

[基調講演]
・公衆衛生上の緊急事態における人権およびジェンダーの視点の重要性:
新型コロナウイルス感染症対策における留意点と課題
棟居 徳子

・雇用と労働環境に関する問題
─ジェンダーの視点からコロナ禍における働き方を考える
菅野 淑子

・コロナ禍における家庭内の暴力(DV・児童虐待)の問題から見えてくること
立石 直子

・コメント:比較の視点から─司法政策について
南野 佳代

・コメント:コロナの影響を受ける子ども〜ジェンダーの視点から
甲斐田万智子

・フロアとの討論
中里見 博

●シンポジウムⅡ 性犯罪改正の課題
──国際水準とジェンダーを中心として
企画趣旨/伊藤 和子・島岡 まな

・刑法改正の課題
伊藤 和子

・イスタンブール条約から見る性犯罪規制の現代的課題
岡上 雅美

・2016年改正以降のドイツ性犯罪規定
─ドイツ語圏各国の性犯罪規定を通覧して
深町 晋也

・フランス刑法性犯罪規定の特徴
島岡 まな

・スウェーデンにおける2018年性犯罪規定改正の背景
矢野 恵美

・台湾刑法と日本刑法の性犯罪規定の相違点について
─台湾刑法の不同意性交罪を中心に─
河村 有教

・フロア討論
後藤 弘子

●ワークショップA報告
コロナ危機を受け,今「労働」に関し目指すべき行動変容とは
─「生活時間」×ジェンダー視点で,「あるべき労働,あるべき生活」を考える
コーディネーター/圷 由美子・渋谷 典子・田巻 紘子

●ワークショップB報告
生殖/養育の自由のフロンティア:憲法学と法哲学の観点から
コーディネーター/松田 和樹

●ワークショップC報告
社会の実態とジェンダーの視点から面会交流を再考する
~初の全国社会調査の試み~
コーディネーター/高田 恭子

●ワークショップD報告
ジェンダーの視点から見た刑務所
─受刑者調査・刑務官調査の結果から─
コーディネーター/矢野 恵美

●ワークショップE報告
DV被害を受けた母親と子どもに対する取り組みとその課題
─シンガポールにおけるFV政策との比較を通して─
コーディネーター╱小口恵巳子

●書 評
樋口亮介・深町晋也編著『性犯罪規定の比較法研究』
評者・島岡 まな

●論 説
刑法178条の「抗拒不能」の解釈および性犯罪の故意の認定
蔡  芸琦

●若手セッション報告(2020年)(川口かしみ)
●ジェンダー法学会活動記録(2020年)
●ジェンダー法学会機関誌『ジェンダーと法』投稿規程
●ジェンダー法学会・西尾学術奨励賞規程
●西尾学術奨励賞選評
●ジェンダー法学会規約
●編集後記
●ジェンダー法学会設立趣意書

目次

PAGE TOP