信託フォーラム 2022年4月号 特集1 信託法制定100年を迎えて/特集2 事業承継と信託をめぐる新たな展開/特集3 信託終了をめぐる実務vol.17

本体 ¥ 1,800
¥ 1,980 税込

著者:
判型:B5判
ページ数:164頁
発刊年月:2022年4月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4799-7
商品コード:31010
略号:信フ

商品情報

法律家・金融関係者のための専門情報誌


信託法・信託業法制定100周年に寄せて
(三井住友信託銀行 名誉顧問●高橋 温)

対談 成年後見を支える信託の可能性
(公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート専務理事●田代政和× 中央大学研究開発機構教授●新井 誠)

特集1 信託法制定100年を迎えて
・信託法・信託業法施行100周年と信託業務の変遷
(公益財団法人公益法人協会 会長●太田達男)
・「金銭信託」にみる日本の信託史100年
(三菱UFJ信託銀行 信託博物館事務局長●友松義信)
・福祉型民事信託と特定障害者扶養信託
( 三井住友信託銀行 専門理事●八谷博喜/ 三井住友信託銀行 プライベートバンキング企画推進部 審議役●吉野 誠)
・債権流動化信託の歩みと信託ビジネスの広がり
(みずほ信託銀行 信託プロダクツ業務部●藤枝大輔・坂本 崇)
・信託法制定100年と信託登記制度
(司法書士●佐藤純通)


特集2 事業承継と信託をめぐる新たな展開
・事業承継における民事信託の活用スキーム・実務上の活用状況について
(弁護士●馬場亮輔/弁護士●馬場敦子)
・事業承継のための信託における指図権の検討
(弁護士●堀野桂子)
・事業承継目的の信託と遺留分
(弁護士・中小企業診断士●伊藤英之)
・遺言代用信託を利用した事業承継の具体的課税関係と実務の課題
(税理士●白井一馬)


特集3 信託終了をめぐる実務
・信託終了に係る信託行為の定め~法務の視点から~
(弁護士●杉山苑子)
・信託終了に係る税務上の諸問題
(弁護士●木村浩之)
・成年後見人の死後事務から見る信託終了の実務──受益者の法定後見人として現場から
(司法書士●小保内洋子)



連載
・白鳥准教授の投資信託研究入門 第17回(一般社団法人 投資信託協会●青山直子)
・家族信託への招待 第17回相談室 信託は「分別管理」と「信認関係」で成り立つ─いま一度、大阪高裁平成20年の判決を考える─(弁護士●遠藤英嗣)
・信託と税金 no.17 ~特定公益信託と特定公益信託以外の公益信託~ (税理士●菅野真美)
・民事信託と登記 第8回 信託法の考え方に対する無理解!?(渋谷陽一郎)
・ここからはじめる! 民事信託実務入門 第2回 信託契約条項を書くための準備・検討(弁護士●金森健一)


■信託のひろば  FATF第4次対日相互審査の報告書及び行動計画の概要について
(金融庁総合政策局リスク分析総括課マネーローンダリング・テロ資金供与対策企画室 室長●尾崎 寛/専門検査官●吉森大輔/専門検査官●岡﨑頌央)
■論 説  米国のプランド・ギビング、及び日本の公益信託発展への示唆
(ノースカロライナ大学(グリーンズボロ校)政治学部准教授●大西たまき)
■ガバナンスの潮流  世界最先端のガバナンス潮流~戦略策定機能を再興する“Board 3.0”モデル
(みさき投資株式会社 代表取締役社長●中神康議)
■信託事例紹介  地方都市における民事信託業務(司法書士・民事信託士●久保隆明)
■信託最新事情  ESG投資と信託─「グリーン合同運用指定金銭信託」と「再生可能エネルギープロジェクトファイナンス受益権信託」の取組─(三井住友信託銀行株式会社●中井崇一朗)
■民事信託の最新動向  裁判所による受託者の選任(弁護士●上田裕介/ 弁護士●清水 晃)
■信託研究と実務の動向  (自2021年8月─至2022年1月)(大阪経済大学●橋谷聡一)

目次

PAGE TOP