信託フォーラム 2020年10月号特集1 有価証券と民事信託/特集2 民事信託と不動産登記をめぐる諸問題/特集3 マンションと信託vol.14

本体 ¥ 1,800
¥ 1,980 税込

著者:
判型:B5判
ページ数:140頁
発刊年月:2020年10月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4679-2
商品コード:31010
略号:信フ

商品情報

法律家・金融関係者のための実務情報誌

『信託フォーラム』
年2回(4月・10月) 発行

編集代表 新井 誠 
特別編集顧問 高橋 温・千種秀夫・落合誠一
編集委員 伊庭 潔・大貫正男・佐藤純通・平川純子

【本誌のコンセプト】
◆ 信託銀行など、金融関係者による実務の最新動向記事
◆ 各省庁などの行政機関、及び信託研究者による制度運用と法理論の解説
◆ 法律専門士業による、実践と新しいアプローチ手法の紹介

◇ 注目の最新テーマにおける信託活用の可能性と実務動向を追う、特集記事を掲載。
◇ 今注目を浴びている家族信託についての事例紹介や、わかりにくいと言われる投資信託や税金についての連載、最新の信託商品の紹介や旬の人に話をきくインタビュー等の情報も充実。

● 日本の信託をリードする学者・実務家による最先端の「論説」、最新の判例を紹介・解説する「判例紹介」で、信託実務の“今” がわかる。
● 信託実務に役立つ連載も充実!
 新連載◎今知りたい!ビジネス信託契約書・条項例(金森健一・JILA信託研究会)
 ◎白鳥准教授の投資信託研究入門(青山直子) 投資信託を物語でやさしく「面白く」学ぶ。
 ◎家族信託への招待(遠藤英嗣・元東京法務局所属公証人) 家族信託の第一人者による事例相談。
 ◎信託と税金(菅野真美・税理士) 信託と税金の関係を基礎から学ぶ。
 ◎信託判例と実務対応(JILA 信託研究会) 判例を題材に、信託実務対応の論点を探る。
 ◎信託最新事情(三井住友信託銀行) 信託銀行の最新トピックや制度概要を紹介。
 ◎金融パーソンのためのファイナンス信託入門(大垣尚司・立命館大学) 信託で何ができるか、どう使うのか、わかりやすく解説。
● 商事信託・民事信託の最先端の情報を紹介するコーナー!
 ◎民事信託の最新動向 民事信託の最も旬な話題を届ける。
 ◎商事信託の最新動向 各社の最も旬な信託商品の紹介や動向を探る。
 ◎信託のひろば 信託の「人」や新しい試み等、広く情報や話題を届ける。
 ◎信託事例紹介 信託の実践例をわかりやすく紹介。 
 ◎ガバナンスの潮流 コーポレート・ガバナンスの「今」を通して、その課題と展望を分析する。
 ◎BOOK REVIEW 最新の信託書籍の紹介と批評。
 ◎信託研究と実務の動向 読者に好評の信託関係文献一覧。
 ◎信託のうごき 信託業界・法改正・シンポジウム等の動向記録。

目次

信託制度と司法書士との関わりについて
(日本司法書士会連合会 会長●今川嘉典)

対 談 みずほ信託銀行の特徴を生かした取組み
(みずほ信託銀行株式会社代表取締役社長●梅田 圭×中央大学●新井 誠)

【特集1】
有価証券と民事信託
有価証券の信託─ 法律関係の基礎
(弁護士●清水 晃・山本宏子・菅野智巳・杉山苑子・木原恵子・野俣智裕)
有価証券の信託─ 信託契約書作成の際の留意点
(弁護士●根本雄司・伊東大祐・菊永将浩・林 邦彦・矢吹徹雄)
有価証券の信託に係る税務上の諸問題について
(税理士法人ブライト相続 代表社員税理士●竹下祐史)

【特集2】
民事信託と不動産登記をめぐる諸問題
信託の終了に伴い,受託者が帰属権利者として残余財産を取得する場合の登記についての考察
(司法書士・民事信託士●川田光子)
民事信託における「信託の登記」の作法
 ─信託登記の強制主義に見る実体法(信託法)と手続法(不動産登記法)の交錯─
(渋谷陽一郎) 登録免許税法7条2項の趣旨及び「委託者」の意義の考察
(税理士法人TOC英和 社員税理士・一般社団法人民事信託推進センター会員●若山寿裕)

【特集3】
マンションと信託
居住用マンションの信託に係る諸問題
(司法書士・民事信託士●鈴木 望)
賃貸用マンションの信託に係る諸問題~区分所有法等の適用を踏まえて~
(弁護士・民事信託士●海野千宏)

連載
◆白鳥准教授の投資信託研究入門 第14回
(一般社団法人投資信託協会●青山直子)
◆家族信託への招待 第14回相談室  「委託者の地位は相続により承継しない」(その3) ─ 委託者の地位の移転でも同じではないのか
(弁護士●遠藤英嗣)
◆信託と税金 no.14 ~非上場株式が信託財産の場合~
(税理士●菅野真美)
◆民事信託と登記 第5回 「受託者=帰属権利者」型の家族信託登記の利益相反リスク
(渋谷陽一郎)

■信託のひろば 福祉型信託へのニーズと専門職の取り組み
(司法書士・民事信託士●大貫正男)
■論 説 信託口口座に対する強制執行(試論)
( 弁護士●富越和厚)
■ガバナンスの潮流 パンデミックと株主総会
(弁護士●澤口 実・中尾匡利)
■信託事例紹介 借地権を信託財産とした高齢者の民事信託
(弁護士●山口正徳)
■信託最新事情 単身者向け商品「おひとりさま信託」の取組み
(三井住友信託銀行株式会社●千吉良健一)
■商事信託の最新動向 「ポストコロナ時代」における信託銀行の受託者責任及びフィデューシャリー・デューティー  ─コロナ禍の信託業務の社会的価値に関する一考察─
 (三井住友信託銀行株式会社 個人企画部 主任調査役 兼 三井住友トラスト・資産のミライ研究所 主任研究員●田村直史)
■信託研究と実務の動向
(自2020年2月─至2020年7月)(大阪経済大学●橋谷聡一)

PAGE TOP