沿革

1901年 7月
(明治34年)
「帝国(日本)行政区画便覧」を発行
1942年11月
(昭和17年)
企業整備令により加除式専門出版社14社が統合「日本加除出版株式会社」として新発足(社長・市田賢治(初代))
1948年 9月 本社事務所を豊島区南長崎(現在地)に置く(社長・尾中幾三(1945年8月~、2代目))
1949年 4月 「新制戸籍法並届書式、記載例」(加除式)発行
1956年 2月 「日本市区町村総覧」(加除式)を発行(社長・前田芳雄(2月~、3代目))
1958年 4月 「戸籍時報」(月刊誌)創刊
1962年 7月 「戸籍法施行規則解説」(加除式)発行
1964年 2月 尾中郁夫社長就任(4代目)
9月 レジストラーブックスシリーズ第1号「戸籍の閲覧と謄抄本証明書の作成」を発刊(年3回発行し現在に至る)
1965年 8月 「渉外身分関係先例判例総覧」発行
1982年10月 創立40周年記念事業としてアジア家族法セミナーを開催(東京)、PR 誌「法の苑」創刊
1983年 9月 第1回アジア家族法三国会議開催
1984年 4月 「住基時報」(月刊誌、現「住民行政の窓」)創刊
1987年10月 創立45周年記念事業として記念講演会「民法等の改正と特別養子制度」開催地:旭川・仙台・那覇・神戸(10~12月)
1988年 3月 尾中哲夫社長就任(5代目)
1989年 3月
(平成元年)
尾中郁夫・家族法学術賞を創設(1990年に学術奨励賞を、1998年に新人奨励賞を創設)
12月 横浜・長崎にて法例の改正を記念する講演会「新しい国際私法―改正法例と基本通達―」開催
1993年 1月 営業部門に自社コンピュータシステム「King's/1」導入
4月 創立50周年記念論文集「家族法改正への課題」刊行
6月 「住基時報」創刊10周年記念懸賞論文を公募(テーマ「窓口行政の現状と課題」「将来における窓口行政のあり方」)
1996年 1月 「日本行政区画便覧データファイル」をリリース
1997年 4月 電子商品部発足(メディア開発課を改組)
1999年10月 戸籍法50周年記念論文集「現行戸籍制度50年の歩みと展望」刊行
「訓令通牒録活用マニュアル索引CD-ROM付」を読者に配布
2001年 4月 住民基本台帳ネットワークシステム・統一文字フォント制作業務を受託(地方自治情報センターより)
2004年 4月 戸籍統一文字制作業務を受託(法務省より)
2005年 2月 「登記先例全文検索システムつうかい」発行
2011年11月 第1回新・アジア家族法三国会議開催
2014年 3月 「信託フォーラム」創刊
2014年 4月 「パーフェクト字テンV6」をリリース
外字の運用管理用として「フォントステーション」を提供
2015年 4月 「家庭の法と裁判」創刊
2018年 3月 和田裕社長就任(6代目)
2020年 4月
(令和2年)
「パーフェクト字テンV7」をリリース
文字の標準化対応に向けた機能強化

PAGE TOP